ドラマ

私たちはどうかしている三話ネタバレと見逃した場合に無料で見る方法は?あらすじとネット上の反応まとめ【浜辺美波×横浜流星】

日本テレビ系水曜夜10時に放送されている「私たちはどうかしている」3話についてご紹介していきます。

浜辺美波さんと横浜流星さんの美男美女の主演ではじまり、第3話を早く見たいとの声が多かったですね。

この話は、

自分がさくらであるということを知られてはならない七桜。自分の母親について問い詰められるも、その時七桜の母親を名乗る人物がやってきました。

15年前の事件を境に大旦那は椿のお菓子を食べなくなりました。そんな中椿は、大旦那も参加する茶会のお菓子を頼まれ…。

ということで、「私たちはどうかしている」のついて

・わたどう第3話のあらすじ
・わたどう第3話のネタバレ感想
・わたどう第3話の原作漫画との違い
・わたどう第3話の視聴率
・わたどう第3話ネット上での反応

すぐに無料動画視聴したい場合はこちら
2週間無料で視聴ができますよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

私たちはどうかしているのあらすじ

目の前にさくらという女の子が現れたら、永遠に消えてもらうと告げた椿。自分がさくらであることは決して知られてはならないと感じました。

一方、七桜の素性を知った女将は、七桜に母親はどうしたのかと問い詰めました。七桜は咄嗟に母は事故でなくなったと嘘をつきます。ですが、女将は信じることなく尋問を繰り返します。

そんな時、七桜の母親と名乗る女性が光月庵を尋ねてきたようです。突然母親を装う夕子という女性に七桜は困惑しつつ、夕子に話を合わせることに。

それでも、女将は七桜のことを信じる気は全くないようです。

光月庵を後にした夕子を追いかけていく七桜。どうして、嘘をついたのかと尋ねるとある男性から頼まれたと言われます。七桜は、母からの手紙を渡してくれた男性ではと勘付きます。

光月庵に戻った七桜は椿にある物置小屋に連れてかれました。そして、突然その部屋に閉じ込められてしまったのです。

助けを求めようとしても、どうもすることができなかった七桜は、そこでおそらく自分の母が15年前に書いたと思われる菓子帳を発見。やはり、母が殺人をしたと思え無い七桜は、真実を明らかにしなければと発起します。

椿が物置小屋にやってくると、七桜はその場から逃げ出そうと椿にキスをし、その隙に逃げ出します。ですが、誰かから七桜の頭上から壺が落とされました。咄嗟に七桜を庇った椿は手に傷を負うことに。実は、椿は女将が七桜に嫌がらせをしていることに気付き、七桜を物置小屋に閉じ込めて守ろうとしていたのです。

手が不自由になってしまった椿。ですが、金沢屈指の草薫会での茶会でのお菓子の注文が入りました。今は作ることができないと断るつもりだった椿でしたが、七桜が勝手に注文を承諾。

その茶会には大旦那も招かれていました。ですが、大旦那は椿に向かって椿のお菓子を食べる気は無いと宣言。それでも、七桜と椿はお菓子作りを進めていきます。七桜は、一晩中茶会に出す予定の落とし文のデザインを考えるほどまでに。

そして、落とし文は完成。ですが、椿も一つだけ落とし文を自分で作らせてくれと言い出します。

大旦那は、15年前の事件から椿のお菓子を食べなくなったという。椿は15年前の証言が曖昧だったのです。

椿は七桜の母と自分の父がキスしていたところを見たのです。大旦那は椿が嘘をついたと見なしました。それから、椿に対する扱いが酷気なったのです。

茶会にやってきた七桜と椿。もう先に茶会に向かっていた大旦那が見当たらないようです。七桜は大旦那を探しにいきます。すると、手紙を渡してきた男性に遭遇。長時間話すことはできなかったものの、彼が茶会が終わるまでここにいるということを聞きつけることができました。

大旦那を見つけることができ、無事茶会は始まりました。椿は緊張していると言い、お菓子を出す前に、七桜を後ろから抱きしめます。

椿は心を込めてお菓子の紹介をしていきます。ですが、大旦那はやはりその場でお菓子を食べることはありませんでした。

茶会が終わって、謎の男を探し始める七桜。庭に彼を見つけます。彼は多喜川という名でした。

行事を大切にする家族の元に生まれた多喜川は光月庵のお菓子をよく食べていたという。手紙は多喜川の父が受け取ったもので、父が亡くなった際に預けられたと言います。

茶会の場を去ろうとした際、大旦那はお菓子を食べなかったのではなく、持ち帰ったということを聞いた椿。大旦那は家に戻り、一人お菓子を食べていました。それをみた椿は静かに涙を流します。

嘘をついたら地獄に落ちると言われている掛け軸の前で、椿は七桜にあなたに惹かれていると告白。七桜がさくらならこの気持ちを抑えなければならないという椿は、その場で七桜はさくらなのかと尋ねました。

その頃、女将と城島は二人で話していました。実は壺を落としていたのは椿に恨みがある城島。壺を落とすことは城島の独断での行動でしたが、女将は金を渡してなにやら指示をしていたようなのです。

私たちはどうかしているの見どころ(ネタバレ)と原作漫画とのちがい

・原作では七桜の母がやってきたと伝えにきたのは城島ではなく、他のお店の人

・物置小屋に閉じ込められている場面とその前後の内容は少し省略されている

・長谷屋での場面は原作には無い

・ドラマ版では茶会のお菓子を引き受ける際、草薫会の亭主が光月庵にやってきているが、原作ではその場面は無く、セリフや内容も少し違っている

・椿が七桜に対し惹かれていると告白する場面は、原作では一晩中落とし文を作った直後の話

・4話に出てくる今日子が夕子の店を尋ねる場面は、七桜と椿が茶会にお菓子を出している時期の話

・原作では、お茶会で小豆アレルギーの子供のお客さんがいてその場で落雁を作るという場面があり、七桜は多喜川とこの場面で出会う。

私たちはどうかしている3話の感想

七桜大ピンチ!正体がバレる!というドキドキの展開から始まった第3話。夕子という女性の存在でなんとか助かりました。

そして、椿、七桜の事大好きでは、と思った回でした。女将から七桜を守るために言葉不足でありながらも小屋に閉じ込めてしまう椿。ツンデレ要素が回を追うごとに強くなっていって堪らないなと思いました。

そして、幼き頃の椿、事件現場を完全にみていたわけではなかったことが判明。多分、その頃の椿には目に入ってしまったものが衝撃的だったのでしょう。小さい一人の男の子が咄嗟に口に出してしまった一言で、誰かの人生が狂ってしまったという事実に苦しいものを感じました。

椿もこの15年間見えないところで辛い思いを抱えて過ごしてきたのです。だからこそ事件の真犯人や真相が早く知りたいです。

そして、七桜の良き理解者的な存在だった城島がまさかの女将派!彼には一体なにがあったのか、優しい性格に見えていただけとても気になります。

私たちはどうかしているの視聴率とファンの反応は

「私たちはどうかしている」第3話の視聴率は8.2%です。

私たちはどうかしているのまとめ

七桜の母親のふりをする夕子が登場し、七桜と謎の男・多喜川との接触もありました。さらに、お話が広がっていきそうな予感です。

大旦那もついに椿のお菓子を食べ、椿は七桜の真剣に惹かれ始めました。だんだんと愛が芽生えてきた七桜と椿ですが、七桜は15年前の真実を突き止めることはできるのでしょうか。

狂気的な女将と陰で不審な動きを見せる城島の今後も必見ですね。

私たちはどうかしているの見逃し配信を無料で見る方法

「私たちはどうかしている」の見逃がし配信動画は、Huluフールーの独占配信です。

Huluフールーって、概要は分かっても、使ってみないとどんなサービスか分からない?

ちょっと試してみたいって方の為に無料トライアルのサービスが提供されています。

何かというと、2週間の無料トライアル期間が終了するまでに、解約したら1円もかかりません。
罰則もなくって、完全に無料ですよってこと。

huleとは、人気映画やドラマ、アニメ、バラエティがなどが定額見放題の動画配信サービスです。

Huluの特徴は

・映画・ドラマ・アニメ・バラエティ等の定額動画配信サービスです。
・いつどこでも60,000本以上の作品が見放題です
・インターネットに接続したテレビ、パソコン、スマホ等で視聴可能です。
・テレビで放送中の人気番組の見逃し配信、音楽のライブ配信もあります
・Huluでしか観られないオリジナルコンテンツも豊富です。
・2週間無料トライアルがあり安心で、期間中の解約もOKです。

Huluは何で見れる

Huluでは、インターネットにつながる媒体でしたらなんでもOK。
タブレット、PC、TV、スマートTV、Fire TV stick等

そして、動画はダウンロードができるものもあって、それならオフラインや外出中にも見ることが出来るんです。

Huluの料金はいくら

継続する場合は月額1,026円(税込)です。
※iTunes Store決済の場合には1,050円(税込)となります。

いつでもキャンセルOKです。

今すぐ無料でお試しの方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[quads id=1]