ドラマ

未解決の女シーズン2のキャストは誰?波瑠/鈴木京香の見逃し動画無料配信はあるのかまとめ

ドラマ『未解決の女警視庁文書捜査官season2』は、2020年8月からテレビ朝日系で放送されていいます。

肉体派の波瑠さんと頭脳派の鈴木京香さんの最強凸凹女刑事がかえってきました!

この記事では

『未解決の女警視庁文書捜査官season2って面白そうなんで見てみようかな』

『未解決の女警視庁文書捜査官season2を1話から最新話まで全部見たい』

『未解決の女警視庁文書捜査官season2をフル視聴できる動画配信サービスを知りたい』

という方にお役に立つ情報かと思いますので、読んで頂ければ幸いです。

当サイトで比較しているVODサービスは

当サイトでは、下記の動画配信サービスから比較しております。

VOD 月額料金 動画数 お試し期間
hulu 2,189円 18万本以上 31日間
U-NEXT 1,026円 6万本以上 14日間
dTV 550円 12万本以上 31日間
FOD 976円 4万本以上 2週間
amazonプライム ?500円 非公開 2週間
Paravi 1,017円 非公開
NETFLIX 880円~ 非公開 30日間
dアニメストア 440円 3,800作品以上 31日間
TELASA 562円 未公開 30日間

上記以外のサイトでも配信されている場合もありますのでご了承下さい。

未解決の女警視庁文書捜査官season2の見逃しフル視聴動画を無料で見る方法

ドラマ『未解決の女警視庁文書捜査官season2』の見逃し動画を、フル視聴する方法を紹介します。

未解決の女警視庁文書捜査官season2の動画配信状況

当サイトでは、下記の動画配信サービスから比較しております。

VOD 配信 備考
hulu ×
U-NEXT ×
dTV ×
FOD ×
amazonプライム ×
Paravi ×
NETFLIX ×
dアニメストア ×
TELASA 全話配信

上記以外のサイトでも配信されている場合もありますのでご了承下さい。

未解決の女警視庁文書捜査官season2はTELASA独占配信

上記の表を見てもらって分かると思いますが、『未解決の女警視庁文書捜査官season2』の無料フル視聴する方法はTELASAだけです。

ドラマ『未解決の女警視庁文書捜査官season2』はTELASA独占配信なんです。

1話から最新話まで全部みたいならTELASA一択です。

それでは、独占配信されているTELASAって、有料の動画配信サービスではって思いますよね?

あと、なんとなく分かってても、使ってみないとどんなサービスか分からない?

そんなちょっと試してみたいって方の為に無料トライアルのサービスが提供されています。

何かというと、30日間の無料トライアル期間が終了するまでに、解約したら1円もかかりません。

罰則もなくって、完全に無料なんです。

 

TELASAの概要と特徴、2週間無料トライアルについて

TELASAとは、テレビ朝日系番組が中心でドラマ、映画、アニメ、バラエティがなどが定額見放題の動画配信サービスです。

TELASAの特徴は

・テレビ朝日系の動画が充実や独占がある。
・月額利用料が安くって加入しやすい
・毎月550コインもらえてレンタルに利用できる
・初回30日の無料お試しができる

TELASAは何で見れる

TELASAでは、インターネットにつながる媒体でしたらなんでもOK。
タブレット、PC、TV、スマートTV、Fire TV stick等

動画をダウンロードして出先などでオフラインで視聴することも可能です。

TELASAの料金はいくら

継続する場合は月額562円(税抜)です。

いつでもキャンセルOKです。

今すぐ無料でお試しの方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

TELASAの詳しい内容はこちら

TELASAは解約/退会できる?無料期間や月額料金、ダウンロードはできるのかなどメリット/デメリットを調べてみた動画配信サービスでTERASAってあまり聞きなれませんよね? 「TELASAって月額安いけど本当に良いのかな?」 「TE...

TELASAでは多くの映画、ドラマなどを配信中

一部だけご紹介します。

ドラマ
刑事7人
警視庁・捜査一課長2020
刑事7人
妖怪シェアハウス
・おしゃれ家ソムリエおしゃ子
・相棒シリーズ

アニメ

・クレヨンしんちゃん
・あひるの空
・メジャーセカンド
・デカダンス
・富豪刑事
・銀魂

未解決の女警視庁文書捜査官season2のあらすじ

 警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する『未解決の女 警視庁文書捜査官』。

もちろん…朋&理沙が所属する第6係にイヤミの集中砲火を浴びせる
警視庁捜査一課「特命捜査対策室」の室長・古賀清成を演じる沢村一樹を筆頭に、工藤阿須加、山内圭哉、高田純次、遠藤憲一ら、おなじみの濃厚男性キャスト陣も続投。

しかも、Season2ではこれまたクセになりそうな新レギュラー陣も堂々参戦することに――。
なんと、ドラマスペシャルに京都府警捜査一課の刑事・国木田哲夫役でゲスト出演した
谷原章介が“6係の新係長”となって、愛しの朋と再会!
さらに、シリーズ初登場となる皆川猿時がコメディー魂全開で、イヤミ室長・古賀を補佐…!?
無敵の座組が《時に笑えて、時に胸が熱くなる絶妙アンサンブル》を繰り広げていきます。
今や唯一無二の最強凸凹バディへと成長した朋&理沙を待ち受ける
“一筋縄では行かない令和の未解決事件”。
“シリーズ史上最大級の名コンビぶり”を発揮しながら、
難解な事件に颯爽と立ち向かっていく彼女たちの活躍から目が離せません!

テレビ朝日公式サイト 引用

未解決の女警視庁文書捜査官season2のキャスト

矢代朋(やしろ・とも)
波瑠

古賀清成(こが・きよなり)
沢村一樹

岡部守(おかべ・まもる)
工藤阿須加

桑部一郎(くわべ・いちろう)
山内圭哉

多部和樹(たべ・かずき)
飯島寛騎

宗像利夫(むなかた・としお)
皆川猿時

国木田哲夫(くにきだ・てつお)
谷原章介

財津喜延(ざいつ・よしのぶ)
高田純次

草加慎司(くさか・しんじ)
遠藤憲一

鳴海理沙(なるみ・りさ)
鈴木京香

未解決の女警視庁文書捜査官season2の感想

40代男性
ドラマ「未解決の女警視庁文書捜査官season2」は、未解決事件と現在起こっている事件を文章の意味から解いていくという点で刑事ドラマにしては、面白い視点だと思います。波瑠さんと鈴木京香さんのコンビがなかなか良い味を出していて、観る側も文章から推理を組み立てていく楽しみがあります。1時間の枠内で、文章を元に謎解きをするというのは難しいかもしれませんが、もっと深く文献などを掘り下げたら、より良い作品になっているかもしれないと思います。

50代女性
このドラマはこのシーズンから見ましたが、魅力は出演者が主役級の人が多く出ていて、豪華なことと特命捜査対策室6係の矢代と鳴海の掛け合いが面白いことです。好きなシーンは3話の教育実習生の唐木田玲一が教師の藤沢に「先生のことがずっと好きだった」というシーンです。好きな演技は刑事の宗像が独特な話し方をする演技です。今後の展開への期待は係長が国木田に代わったばかりなので、国木田に何か秘密があるのではないかと思いました。

60代女性
文書解読課に所属する、文字について優れた能力を持ちながら、人との関わりが苦手な鳴海と、肉体派の熱血刑事の矢代を中心としたチームで、事件を解決していきますが、毎回むずかしい謎があり、面白いです。特に、鳴海に文字の神様が降りてきて、矢代に伝えながら謎を解いていく場面が好きです。しかも、現在と過去の両方を解決します。2話では、鳴海が直接捜査に出かけ矢代に助けを求める珍しい場面がみられて新鮮でした。鳴海の積極的な捜査にこれからも期待します。

20代女性
今回のseason2もとても面白く、矢代と鳴海のコンビは相変わらずの仲で見ていて全く飽きません。それにこのドラマの1番の良さはその都度完結してくれるので、もし万が一途中で見れなくなったとしても見られるので、そこがとても良い点だと思います。season2は、1と違って少しだけメンバーが代わり出世した人が2名居ますが、その2人の争いがまた最高に面白いので見逃せません。今後の展開で気になるのは、鳴海と古賀の2人の関係性。ここがまだあまりはっきりしていないのでこのseason2で何か分かるのかな?と楽しみにしています。

50代男性
基本的に波瑠さんの演技が大好きなのですが鈴木京香さん演じる鳴海理沙との絡みで、ドラマ終盤にやってくる解決シーンが大好きです。捜査の中心となり人との関わりの苦手な鳴海理沙の言葉をイヤホンで受け取りながら、捜査の中心となり人との関わりが得意な波瑠さん演じる矢代朋が犯人との掛け合いの中で事件を解決し、犯人の反省を促していく息の合った二人の関係性がとても楽しいです。これからも基本的なスタンスは変わらないと思いますので引き続き見ていきたいドラマです。

20代・女性
波瑠さん演じる矢代と鈴木京香さん演じる鳴海のコンビが中心となった特命捜査対策室の文書解読係のメンバーが、事件を主に字体や筆跡などの観点から見て、解決へと導いていくところが魅力、見どころだと思います。矢代と鳴海の普段のやりとりも面白いですが、沢村さん演じる室長の古賀と、山内さん演じる第5係の桑部の我先に事件を解決しようと競い合うシーンがコミカルでとても面白いです。今後、文書のどのような点に着眼して事件を見ていくのかが楽しみですし、特命捜査対策室や第5係のメンバー間のやりとりが毎回面白いので楽しみです。また、遠藤さん演じる草加と鳴海の関係が仕事以外で発展する展開があったりするのかも楽しみにしています。

60代男性
警察ドラマは男性俳優が主演を務め、アクション物が主流であったが、このドラマは女性が主演という異例の警察ドラマであることが珍しいと思っております。体育会系の刑事と運動は苦手で、文字フェチなお宅刑事とありえない設定は面白みを増加しています。派手なアクションシーンが無い代わりに台詞の掛け合いがとても面白く、ダブル主演の「波瑠」と「鈴木京香」の演技力が際立っています。また、脇を固める出演者も独特の味を出していて、シリアスでありながらコミカル感もある新しいタイプの警察物語としての地位を確立するのではないでしょうか。今回、season2ですがseason3も期待できるドラマだと思っています。

50代女性
財津係長の代わりに移動した新係長国木田の係長としての働きに期待します。又事件の真相の予想をするお茶目な室長古賀の演技も面白いキャラです。鳴海とバディの八代は、仲がいいのか分からない二人ですが、お互いを信頼し、捜査の真相を判明していく所と、鳴海の文字フェチな所が変わった特技で楽しいドラマです。何となく息があっている二人の考えや、捜査が楽しいと思います。又その二人を取り巻く人達も個性的で面白い文字に関する事件を期待しています。

40代女性
熱血漢の矢代が、事件解決を率先してぐいぐい割り込んでいく無謀ともいえるひたむきさに、しぶしぶ付き合ってるように思える鳴海ですが、本当にいいコンビだと思います。「言葉の神様が降りてきた」ときの鳴海はかわいいです。鳴海の電話を通して犯人と会話する矢代が時々「え?」ってなる瞬間もかわいいです。文字や言葉をきっかけに事件が解明されていく中での人間模様も心打たれます。これからどんな事件で、どんな言葉の神様が降りてくるのか楽しみです。

30代女性
理沙さんと朋さんの正反対だけど2人がいいコンビで見ていて楽しいドラマです。特に理沙さんは刑事っぽさがなくてとても新鮮です。珍しく聞き込みに行って委縮している姿はちょっとかわいいなと思いました。理沙さんが嬉しそうな顔で「文字の神様が下りてきた!」と聞くのが好きです。今シリーズから係長が谷原章介さんに変わり、ふんわりとした京都弁がところどころ登場して癒されています。刑事役の人たちも皆さん個性的で見ていて楽しいです。特に岡部さんの朋への気持ちが伝わるといいなと毎回楽しみに見ています。

40代女性
文字から手掛かりを探して、事件を解決へと導くのがこのドラマの面白いところだと思います。文字が好きな鳴海だけではなく他の登場人物もみんな個性的です。引っ込み思案な鳴海の代弁をする矢代や鳴海のことが気になってしょうがない草加なと魅力的です。特にいつも鳴海を気にしてチラチラ見ている草加役の遠藤憲一さんが最高です。新しい係長の国木田も加わりますますパワーアップして来ました。鳴海も徐々に引きこもりではなくなってきたのでその変化も楽しみです。

20代女性
何よりも波留ちゃんが可愛い!美人!見ているだけで癒されます。矢代の元気なキャラクター、スポーツ万能な姿、一生懸命に捜査する様子は波留ちゃんだからこそ演じられるんだと思います。あと個人的に矢代と岡部が早くくっついてほしいなと思います。毎回矢代のことを目で追っていたり、矢代の言動にあたふたしている様子が可愛すぎます。また、鳴海・草加・古賀室長の三角関係?も見ていてすごく面白いです。鳴海と古賀室長の過去に何があったのかすごく気になります。

20代の女性です。
スペシャルドラマを経て2の放送が決定した時、とても嬉しかったのを覚えています。未解決事件の捜査がこのドラマの本筋なので、ハラハラ、ドキドキしながら見れます。前作では、残された遺族にも焦点が当てられて胸が苦しくなるような場面もありました。刑事役が似合う、というより、他の作品でも刑事役を経験してきたような役者さんが多いので違和感なく見る事が出来ます。コンビ仲の良さにも注目しながら楽しませてもらっています。

30代女性
今回のドラマ内容は将棋がキーポイントになっていて今活躍されている藤井聡太さんのことを思い浮かべてしまいました。将棋のことはよく分かりませんが、今回の話はタイムリーな内容になっていていいなと思いました。未解決の女は大抵昔の未解決事件にスポットライトを当てられていますが、今回の事件は結構前の事件ということで果たしてちゃんと解決することができるんだろうかと心配です。今回は前番組のコラボが2つのドラマであって笑いました。

40代男性
またカッとなって、人を殺してしまう事になる犯人、それも二度。そっと連行すれば大丈夫でしょうか。ジワジワ緊張感が上がってきている感じがする「未解決の女・season2」。まだ生活感があり、戦場的までにはなっていない感じはあります。それは、事件の外から古典や現代の文化を捜査に登場させ、という事です。最近の刑事ドラマは過激になり過ぎてしまって、ひと頃の「温泉大作戦」や「湯けむりシリーズ」のような観光案内、地の物の食事が失くなっているんです。もう少し、ゆったりとした刑事ドラマ、やってくれないでしょうか。

40代女性
シーズン1からチーム感が増し、お互いの信頼感が増した雰囲気で、前シーズンでは嫌みな上司だった沢村一樹が6係との距離が近くなったように感じる。好きな演技は沢村一樹と山内桂紀のやりとりが面白かった。鈴木京香と遠藤憲一はやっぱり存在感のある俳優さんだなぁと思った。良い配役でストーリー展開も1話完結でも見応えがある。ところどころコメディ感もあり、強行犯と特捜の大人げない対立も毎回笑えます。俳優陣の名演技に期待しています。

30代女性
過去の事件との絡み合わせ方が好きです。過去の事件のときに重要となるであろう人物が少しピックアップして映し出されているので、そこに注目して見ています。はるちゃんの少しとぼけたような演技も好きです。文書係をないがしろにしているにも関わらず、結局指示を出したりしていて、事件を解決に導いているのですっきりします。今後は、なぜ未解決になったのかが、あんまり詳しく書かれていないのでそこの部分の説明もして欲しいなと思います。

50代女性
シーズン1から見てますが、毎回日本語の美しさ、知らなかったことが分かるので、面白く見ています。全く性格の違う二人の刑事がお互いを信頼して解決していくのは、楽しいです。ただ周りの刑事さん役の方の、キャラクターが、あまり生きてない様に感じます。もっと活躍しても良いのでは?と思いますが、これもまた、周りから助かるっていう感じでいいのかなって、思ったりもします。もし、来シーズンがあるなら、他の刑事さんとの絡みももっと見てみたいです。

未解決の女警視庁文書捜査官season2のキャストのキャストの視聴まとめ

ドラマ【未解決の女警視庁文書捜査官season2】をフル動画を無料で視聴する方法についてまとめてみました。

『TELASA』が独占放送をしていますので、無料体験期間で30日間無料で見ることができます。

30日以降も継続すると1ヶ月562円(税抜)が必要になります。