vod

映画キングダムを無料で見る方法ってある?山崎賢人/吉沢亮が実写出演【hule/U-NEXT】ならタダでお試しできる

映画実写版の『キングダム』をフル動画で無料で見ることできないかな~?

そう思われている方?

以前にテレビ放送していたのに見逃してしまったって方?

その悩みに対してお答えさせていただきます!

この記事では、映画『キングダム』フル動画を無料視聴する方法や以下の内容についてまとめていきたいと思います。

映画『キングダム』フル動画を無料視聴する方法

映画の実写版『キングダム』は、いくつかの動画配信サービスによって無料で見ることができます。

各動画配信サービスでは、概要は知ってると思いますが、使ってみないとどんなサービスか分からない?

ちょっと試してみたいって方の為に無料トライアルのサービスが提供されています。

何かというと、無料期間が終了するまでに解約したら1円もかかりません。
無料ですよってこと。

もちろん、いろんな動画が見放題なのでやめずに継続する方が楽しいと思います!

無料期間が終わってもいつでも解約することができ、違約金も発生しないので短期間に見たい動画を見てやめるなんてことも可能です。

別にやめることを推奨してませんし、次から次へと新しい動画が出てくるので見切れないぐらいです。

huleの概要と特徴、2週間無料トライアルについて

huleとは、人気映画やドラマ、アニメ、バラエティがなどが定額見放題の動画配信サービスです。

Huluの特徴は!

・映画・ドラマ・アニメ・バラエティ等の定額動画配信サービスです。
・いつどこでも60,000本以上の作品が見放題です
・インターネットに接続したテレビ、パソコン、スマホ等で視聴可能です。
・テレビで放送中の人気番組の見逃し配信、音楽のライブ配信もあります
・Huluでしか観られないオリジナルコンテンツも豊富です。
・2週間無料トライアルがあり安心で、期間中の解約もOKです。

継続する場合は月額1,026円(税込)です。
※iTunes Store決済の場合には1,050円(税込)となります。

いつでもキャンセルOKです。

今すぐ無料でお試しの場合はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

U-NEXTの概要と特徴、31日無料トライアルについて

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスです。

とにかく、映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実しています。

U-NEXTの特徴は!

・映画、ドラマ、アニメ等の定額動画配信サービスです。
・日本最大級の190,000本以上の作品が見放題です。
・PC、スマホ、タブレット、テレビなど最大4台同時視聴できます。
・海外・韓流ドラマなどの配信も豊富です。
・アニメは放送中のものから過去のもの、キッズ向けなど豊富です。
・動画だけでなくマンガ、ラノベ、書籍、雑誌も豊富です。
・最新映画はレンタル同時配信も。
・最新作のレンタルに使えるU-NEXTポイント600円分もらえる。
・毎月U-NEXTポイント1,200円分もらえる
・31日間トライアルがあり安心で、期間中の解約もOKです。

継続する場合は月額1,990円(税抜)です。

いつでもキャンセルOKです。

今すぐ無料でお試しの場合はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

映画『キングダム』のあらすじ

紀元前245年、中華西方の国・秦。戦災で親を失くした少年・信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、大将軍になる夢を抱きながら剣術の特訓に明け暮れていた。

やがて漂は王宮へと召し上げられるが、王の弟・成キョウ(本郷奏多)が仕掛けたクーデターによる戦いで致命傷を負う。

息を引き取る寸前の漂から渡された地図を頼りにある小屋へと向かった信は、そこで王座を追われた漂とうり二つの王・エイ政(吉沢亮)と対面。

漂が彼の身代わりとなって殺されたのを知った信は、その後エイ政と共に王座を奪還するために戦うことになる。

シネマトゥデイ引用

 

キングダムの公式サイトはこちら

https://kingdom-the-movie.jp/

映画『キングダム』のキャスト

山崎賢人(信)
吉沢亮(エイ政/漂)
長澤まさみ(楊端和)
橋本環奈(河了貂)
本郷奏多(成キョウ)
満島真之介(壁)
阿部進之介(バジオウ)
深水元基(朱凶)
六平直政(里典)
高嶋政宏(昌文君)
要潤(騰)
橋本じゅん(ムタ)
坂口拓(左慈)
宇梶剛士(魏興)
加藤雅也(肆氏)
石橋蓮司(竭氏)
大沢たかお(王騎)

映画『キングダム』の感想

映画『キングダム』への感想を直接見た方にアンケートをとってみましたのでご紹介します。

漫画の実写映画化にはあまりいい印象を持っていなかったのですが、この作品は違和感やわざとらしさがなくそれぞれの役がピッタリでしっくりときていたので最後までキングダムの世界に入り込んで見入ってしまいました。アクションシーンも迫力満点で、長澤まさみさんのボスはとてもカッコよく、女性として憧れます。大沢たかおさんの肉体改造が圧巻で、初めの登場で誰だかわからないぐらいでした。それぞれの俳優さんが全力で作った作品なのだとひしひしと伝わる映画でした。

物語の世界観がとても印象的で、見終わった後も心にずっと残ります。このあと、天下統一は成し遂げられるのか、どんなに敵が現れるのか、殺さなかった兄はいつか復讐してくるのでは、国外に遠征中の重要な家臣が謀反するのか、オウキという家臣が反逆するのか、などなど興味は尽きないです。それと、主人公の一人が早々に死んでしまうという驚きと、瓜二つの王として、また、登場してくれることへの安堵みたいな感情がありました。長澤まさみが山の民の応用だったのには驚きました。

キングダムの魅力は主人公の信だけでなく、その周りの個性的なキャラクターが魅力の一つであり、そのあたりこの映画でもしっかり描けていたと感じるので良かったと思います。特に成蟜の悪役っぽさが原作と結構マッチングしていてよかったと思います。ここから改心して嬴政と一緒に戦っていく姿がどう表現されていくか楽しみです。また、呂不韋や羌瘣などが誰がどの様に演じていくのか、また広大な戦のシーンをどう表現するのか、今後の展開が非常に楽しみな作品ではないかと思います。

原作が好きなので実写化はどうだろうと思いながら観ました。 まずキャラクターと世界観は原作に忠実につくってあり十分に楽しめました。 ストーリーは少しお涙頂戴的なシーンが多すぎて、途中観るのを飽きてしまいました。 ところどころ戦闘シーンにワイヤーアクションがあるのですが、戦闘や殺陣のシーンが迫力満載ですごい分急に「作り物」感が出たのは残念でした。 しかし原作を知らない人でも「キングダム」の魅力が十分伝えらえる映画だったのではないでしょうか。

1番の魅力は映像の壮大さです。中国で撮影された映像は日本では見る事ができないスケールの物ばかりで、その映像の迫力に終始圧倒されます。そして次の魅力は出演者の豪華さです。主演はもちろんですが、個人的には長澤まさみさんの存在感が群を抜いていたように思います。強く美しい彼女の姿が最初に見たときは衝撃的で何度も見たくなりました。橋本環奈さんも彼女の可愛らしさを残しながら映画の役にぴったりとはまっていてとてもよかったです。

映画のキングダムは、原作を知らなくても十分に楽しめる内容で非常に楽しむことが出来ました。特に長澤まさみさんは強さと美しさがスクリーンに映えており、目が離せませんでした。キャスト全員がハマり役で、一瞬も見飽きるシーンがなかったのが素晴らしいです。アクションも大迫力で、仲間との絆を感じる熱い闘いが印象に残りました。主人公が貧しい環境で育った背景も、物語に説得力を増していたと思います。展開の読めない戦略も見事で最後まで大興奮で見ることが出来ました。

マンガ原作を実写化する映画は、キャラクターのイメージが壊れたり世界観が崩されてしまう場合がありあまり好きではないのですが、その点映画のキングダムはとても良かったです。登場人物がそれぞれ見た目もキャラクターもイメージ通りで、ストーリー展開も細部までマンガに寄せてあり最後まで安心して見ることができました。特に敵の成キョウの登場シーンはポージングや映像の角度が、漫画の一コマそのもので圧巻でした。好きなシーンは長澤まさみ演じる楊端和の戦闘シーンです。綺麗な女の人の華麗なアクションは、華があり見応えがありました。映画を見たことで原作マンガもまた再熱し読み漁っています。次作もかなり期待しております。

映画「キングダム」の魅力的だと思うシーンは、演者達の殺陣シーンが魅力的だと思います。原作が漫画でアニメ化されている作品ですが、実写でも派手でスタイリッシュな戦闘が再現されていてカッコよく主演の「山崎賢人」さんの殺陣は見応えがありました。他に好きなシーンは「大沢たかお」さん演じる「王騎」が兵士を吹っ飛ばすシーン、常人では到底扱えない武器を軽々振り回すシーンは短いですが存在感は抜群です。物語も主人公の「信」の成長物語が良かったです。

漫画原作の実写化はなかなか原作の面白さを超えられないことが多いですが、この映画は原作の面白さを忠実な再現しつつ、実写としての迫力と面白さを見事に映像化しています。俳優陣の演技が素晴らしくて特に吉沢亮の演技は原作のキャラクターをかなり忠実に再現していて素晴らしいと思いました。長澤まさみの演技も美しさと強さを見事に演じていて良かったです。好きなシーンは最後に王騎役の大沢たかおが出てきて吉沢亮に問うシーン。クライマックスですが、俳優陣の凄みを感じたシーンでした。原作に負けないとても面白い作品です。

少年時代の2人が強くなって抜け出す為にひたすら戦い続けるシーンも好きですが、何度観ても興奮して好きなのは長澤まさみさん演じる楊端和のシーンです。楊端和が仮面を外して女性だと分かるシーンから先頭切って交渉に向かうシーン、そして果敢に戦うシーン全てが美しく強く同じ女性でも惚れ惚れしてしまい何度観ても感動します。また、大沢たかおさんの役作りでの体型変化にも驚かされ、キャラもクセになり観終わった後はついつい真似したくなります。続編も楽しみです。

この映画の魅力は、原作のキャラクターを演者がよく再現しているところだと思います。原作のファンであれば、シーン毎の忠実さを楽しめるでしょうし、もし原作を知らずに観たとしたら、きっと原作が気になり、知りたくなるでしょう。私は見事に後者となり、すっかり映画共々ファンになりました。長澤まさみさん演じる楊端和の仮面を外すシーンや戦闘のシーンは美しさがお気に入りですが、大沢たかおさん演じる王騎将軍のセリフの再現度が高く、登場シーンは全てお気に入りです。戦乱の世であった春秋戦国時代の歴史感も楽しめる、そして続編が楽しみになる、そんな映画です。

実写しか見ていないのですがこんなにおもしろい作品だったんだなと感動しました。この作品にぴったりな主題歌であのワンオクロックの歌を聞くと鳥肌が立つくらい好きになりました。最後にみんなで戦いにいくときの長澤まさみさんがとてもかっこよくて、いろんな男性陣の演技も素晴らしいのですが女性としてかっこいいと思うのは長澤さんで何度見てもかっこよくて最高だなと思っていますしこんなかっこいい人になりたいと思わされます。

満足度の高い映画でした。 原作は知らないので素直に観れた点はあると思いますが、ある程度纏まっており分かりやすい展開だったと思います。 長澤まさみさんと大沢たかおが出演時間は短くも非常に良い役で特に大沢たかおさんのキャラクターだけでもおもしろいと言えます。 演出上気に入らない点はありましたが人によっては気にならない様なモノだと思われるので大丈夫だと思います。 続編への期待が膨らむ終わり方だったことも非常に評価できると思います。

信が漂の意思を組んで、大王政に出会い、敵と戦い続け、昌文君と合流地点まで行こうとする所で信が倒れます。その彼を政が背負って歩くシーンが一番好きです。漂が政の身代わりになったことに許せていない信をおんぶしてあげてる姿は、これから信頼関係が生まれるきっかけのような気がします。置いていくと言ってたはずなのに、政の優しさが見えます。信を認め始めたのかなと色んな考えがめぐったシーンでした。加えて秘めた力強い意志を持った大王と親友の漂が同じ俳優さんが見事に演じ分けていて素晴らしいと思いました。

原作のイメージぴったりのキャスティングでした。中でも楊端和を演じた長澤まさみの美しさ、そして、漂と贏政の二役を演じた吉沢亮には驚きました。漂の時と秦王贏政の時では表情がまるでちがっていて、リアリティがありました。心に残ったのは信のまっすぐな言葉です。特に、山の王を前にして「無念無念って一番の無念は夢が夢で終わったってことだろうがよ…」と叫びだすシーンです。信の人を惹き付ける魅力があらわれている感じがしました。格闘シーンも迫力があり、見所満載でした。

嬴政と漂を演じた吉沢さんの演技力にただただ圧倒されました。かたや一国の王、かたや奴隷から王の身代わりを務めたわけですが、同じ顔なのにまったく別人に見えるのです。特に嬴政が漂に身代わりになるために振る舞うシーンは漂が身代わりをしていることが端々の仕草から伝わってきて助かってほしい、信と一緒に国のトップに上り詰めてほしいと願わずにはいられませんでした。嬴政、漂以外にも主役の信や河了貂も漫画の中からそのまま出てきたような立ち振る舞いでワクワクさせられました。戦闘シーンも必見です。

原作からのファンです。正直最初は大沢たかおが王騎?って感じだったのですが本編をみて納得。原作に寄せたのか体がすごくムッキムキになっていて、本当に王騎見てるみたいで迫力があり良かったです。また、楊端和を演じた長澤まさみがまた、かわいい!モテキのイメージやプロポーズ大作戦などのかわいいイメージが強かったですが、かっこいいのとかわいいので、本当に問題作だな。と思いました。俳優陣の演技もまたなかなか見ごたえがあり、とっておおすすめの映画です!

とにかくキャストが皆さんすごく素敵でした。山崎賢人君は、ヒョロっとした体型だからあまり殺陣のシーンは期待していなかったですが、坂口拓さんとのシーンは素晴らしかったです。長澤まさみさんがめちゃくちゃきれいで、とても役に合っていたと思います。吉沢亮くんは、2役を上手に使い分けていたと思います。大沢たかおさんもものすごいインパクトがありました。助演の方々が主演級の方ばかりで、もっとスポットを当ててほしいなと思いました。また続編が楽しみです。

アクションシーンがものすごく迫力があって、大画面では息を呑む見ごたえのあるものばかりでした。強烈に印象に残っているのは大沢たかおさんです。ものすごい圧があり、オーラがありました。アニメでも見ていたのですが、それを超える感じを実写版で表現できていたと思います。あとは吉沢亮さんの一人二役がよかったです。きちんと二人二役できていましたし、何といっても透き通るような存在でかっこよかったです。山崎賢人との友情ストーリーにグッときました。

私は原作漫画のキングダムは読んでいないので内容は全くわからないまま映画を観ました。それでもわかりやすい内容だったので映画の世界に入り込みやすかったです。主人公の一言でみんなの心を動かすシーンが何回かありそのシーンを見る度に私もなんかグッとくるものがありました。個人的には大沢たかおがとても印象に残っていて、ちょうどJINのドラマを見た後に観たのでキャラのギャップが凄過ぎてさすが名俳優だなあと思いました。

原作に忠実な脚本・キャストで、原作ファンも文句なしだと思います。特に王騎役の大沢たかおさんがたまりません。姿勢・表情・発生方法…絶妙に気持ち悪いです。もっと出番を増やしてほしいと思ってしまいました。山の神の長澤まさみさんも美しい。黒だらけの衣装の中に真っ赤な口紅が映えていました。せっかくの紅一点なのでこうでなければ!原作の序盤も序盤ですが、うまくまとまっています。続編がありそうな雰囲気だったので、楽しみにしています。

長澤まさみさんの、りりしい中に美しさも兼ね備えた演技が魅力的で引き込まれました。決して出番は多くはありませんが印象に残っています。2役を演じ分けた吉沢亮さんのお芝居も良かったと思います。同じ人が演じているようには見えませんでした。特に国王の役の時には雰囲気から気品があふれ、また、りりしさもあってとても美しかったです。アクションシーンはスピード感も迫力もともにあって見応え十分だと思います。全体的に2時間という短い尺のなかで上手くまとめられていて、役者さんも合っていたと思いますし、漫画原作の映画としては良かったと思います。

この映画の魅力は今ノリにノッている若い俳優たちが刀を持って全力で暴れまわるアクションシーンです。原作の漫画と遜色ないくらい飛んだり跳ねたりしているのが実写映画ならではだなと思いました。ロケ地や使った馬もCGではなく本物なので凄く迫力があります。個人的に好きなシーンは河了貂の素顔がわかるところです。ボサボサのフクロウのような姿から橋本環奈の可愛い顔が出てきたときはギャップがありすぎて超かわいいと思いました。悪役の本郷奏多もすごく性格が悪そうな感じが見事に表現されていてあやうく嫌いになるところでした。それぐらいはまり役だったと思います。

漫画全巻を買い揃えているファンの1人です。 実写化に関してはやや批判的な目線でしたが、思いのほか役者陣がキャラクターにマッチしており充分に楽しめました。吉沢さんと政の凛々しさがとても合っていまし、山崎さん演じる信の天然っぷりにも笑わせてもらいました。大沢さん演じる王騎も登場シーンが少ないながらも存在感が凄かったです。内容も原作に忠実で、テンポも良かったと思います。ただキャラクター名や地名を知らない原作未読の方はついていけるかな?とやや心配になりました。全体的には原作ファンでも充分楽しめる内容でした。観て損はしないと思います。

日本人が中国を舞台にした映画を製作すると、どうしても規模や世界観が中国のそれとは違いが出るらしく、違和感を感じることが多かったです。でも、このキングダムについては及第点というところだと思います。世界観や規模に関してはやはり物足りなさがありますが(物語が序盤だから大群VS大群となる流れは少なかったですが)、中国のアクション映画で多く取り入れられている、ワイヤーアクションを主体とする格闘シーンは、中国のそれに引けを取りませんでした。今後の続編では戦というものが多くなると思いますので、どこまで中国のスケールに近づけるか期待しています。

映画「キングダム」を観賞してスケールの大きさに驚きました。紀元前245年、中華の国のお話で戦災孤児の信と漂が見た王騎将軍をみていつか天下の大将軍になるんだと誓うシーンが好きでした。これをきっかけにして成長した信と漂であったが、昌文君は漂を見て気に入り、王宮に連れていく。数年後、瀕死の漂が信の前に現れ、最期の望みを託した。漂の遺志を継ぎ、出会った王は漂そっくりのエイ政だった。エイ政を守るために信たちは闘う。好きな演技は信のアクションシーンの切れ業を見て、興奮してしまいました。この映画を見てかなりハマりました。

映画キングダムを見て、私が1番好きなシーンは長澤まさみさん演じる山の民の王 楊端和(ようたんわ)が出演するシーンです。美しく強い演技を見て引き込まれてしまいました。その他の戦闘シーンも俳優陣の剣術がかっこよく、中でも王騎を演じた大沢たかおさんがかっこよかったです。体作りもしっかりしてあり大将軍・王騎を見事に演じていました。原作ファンではなかったのですがこの作品を見て原作を読んでみたいと思いました。

この映画で私が一番気に入っているところは、日本で有名な女優さん俳優さんがが、中国の歴史的な衣装を着て、日本語で演技をしているところです。中国の人から見たらどんな風に写っているのだろう、なんて思いながら見てしまいました。とても珍しい設定なので、見ものです。物語ももちろん面白かったです。夢に向けて一心に行く主人公の姿にひかれます。全てを手にし世を操る王騎の存在の大きさにも驚きました。大沢たかおさんの演技も見事でした。スケールもとても大きく、日本の映画なのに中国を感じられる面白い作品でした。

何と言っても旬のキャストが勢揃いで新しく人物が出るたびに興奮しました。特に長澤まさみが出できた時には、ここで長澤まさみ?!と大興奮でした。山崎賢人演じる信と、吉沢亮演じる漂の熱い友情は泣かずにはいられなかったです。漂への復讐心に燃える信の演技は本当に胸が熱くなりました。物語としては勝ち目のない戦いに挑み絶体絶命の状態からどんでん返しで勝利する爽快さがありとても気持ち良かったです。山の民の強さ、最後の王基将軍の登場はスカッとして気持ちよかったです。

メイン出演者の他の作品紹介

山崎賢人

オオカミ少女と黒王子(2016年5月28日公開
主演 佐田恭也 役

四月は君の嘘(2016年9月10日公開)
主演 有馬公生 役

一週間フレンズ。(2017年2月18日公開)
主演 長谷祐樹 役

ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない第一章(2017年8月4日公開)
主演 東方仗助 役

斉木楠雄のΨ難(2017年10月21日公開)
主演 斉木楠雄 役

氷菓(2017年11月3日公開)
主演 折木奉太郎 役

羊と鋼の森(2018年6月8日公開)
主演 外村直樹 役

ヲタクに恋は難しい(2020年2月7日公開)
主演 二藤宏嵩 役

吉沢亮

レオン(2018年2月24日)
一条徹 役

ママレード・ボーイ(2018年4月27日公開)
松浦遊 役

猫は抱くもの(2018年6月23日公開)
良男 役

BLEACH 死神代行篇(2018年7月20日公開)
石田雨竜 役

あのコの、トリコ。(2018年10月5日公開)
鈴木頼 役

一度死んでみた(2020年3月20日公開)
松岡卓 役

視聴まとめ

映画『キングダム』をフル動画を無料で視聴する方法についてまとめてみました。

『hule』でも『U-NEXT』でもトライアル期間内なら無料で視聴できます。

もう一度確認すると無料期間は『hule』は2週間です。
継続すると1ヶ月1,026円(税込)

価格だけで考えるなら、こちらの方が半額程度になります。

『U-NEXT』は31日間。
継続すると1ヶ月1,990円(税抜)

動画量や本なども見れることを考えると非常に有効に使えそうです。

ご自信の使い方で検討してみて下さいね。