vod

映画君に届けを無料視聴する方法は?三浦春馬/多部未華子の恋愛ストーリー【hule/U-NEXT】ならトライアルで試せる

映画『君に届け』は少女マンガの実写化です。

フル動画で無料で見ることできないかな~?

そう思われている方?

その悩みに対してお答えさせていただきます!

この記事では、映画『君に届け』のフル動画を無料視聴する方法や以下の内容についてまとめていきたいと思います。

映画『君に届け』フル動画を無料視聴する方法

映画の実写版『君に届け』は、いくつかの動画配信サービスによって無料で見ることができます。

各動画配信サービスでは、概要は知ってると思いますが、使ってみないとどんなサービスか分からない?ちょっと試してみたいって方の為に無料トライアルのサービスが提供されています。

何かというと、無料期間が終了するまでに解約したら1円もかかりません。
無料ですよってこと。

もちろん、いろんな動画が見放題なのでやめずに継続する方が楽しいと思います!

無料期間が終わってもいつでも解約することができ、違約金も発生しないので短期間に見たい動画を見てやめるなんてことも可能です。

別にやめることを推奨してませんし、次から次へと新しい動画が出てくるので見切れないぐらいです。

huleの概要と特徴、2週間無料トライアルについて

huleとは、人気映画やドラマ、アニメ、バラエティがなどが定額見放題の動画配信サービスです。

Huluの特徴は!

・映画・ドラマ・アニメ・バラエティ等の定額動画配信サービスです。
・いつどこでも60,000本以上の作品が見放題です
・インターネットに接続したテレビ、パソコン、スマホ等で視聴可能です。
・テレビで放送中の人気番組の見逃し配信、音楽のライブ配信もあります
・Huluでしか観られないオリジナルコンテンツも豊富です。
・2週間無料トライアルがあり安心で、期間中の解約もOKです。

継続する場合は月額1,026円(税込)です。
※iTunes Store決済の場合には1,050円(税込)となります。

いつでもキャンセルOKです。

今すぐ無料でお試しはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

U-NEXTの概要と特徴、31日無料トライアルについて

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスです。
とにかく、映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実しています。

U-NEXTの特徴は!

・映画、ドラマ、アニメ等の定額動画配信サービスです。
・日本最大級の190,000本以上の作品が見放題です。
・PC、スマホ、タブレット、テレビなど最大4台同時視聴できます。
・海外・韓流ドラマなどの配信も豊富です。
・アニメは放送中のものから過去のもの、キッズ向けなど豊富です。
・動画だけでなくマンガ、ラノベ、書籍、雑誌も豊富です。
・最新映画はレンタル同時配信も。
・最新作のレンタルに使えるU-NEXTポイント600円分もらえる。
・毎月U-NEXTポイント1,200円分もらえる
・31日間トライアルがあり安心で、期間中の解約もOKです。

継続する場合は月額1,990円(税抜)です。

いつでもキャンセルOKです。

今すぐ無料でお試しはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

○映画『君に届け』のあらすじ

黒沼爽子は、見た目は暗いがとても前向きな女の子。

ただ、自分のことをうまく伝えることが出来ず、「貞子」と呼ばれクラスからは浮いた存在だった。

風早翔太は、爽子とは正反対で、明るく誰に対しても分け隔てなく接する男の子で、多くの人から好かれている。

爽子は、風早のおかげで千鶴とあやねという本当の友達とも出会い、初めて自分の気持ちを話せるようになる。

そして、風早に対しての“特別な気持ち”に気付いていく。

そんな中、風早を中学時代から知る可愛らしい女の子・くるみが爽子の前に現われ、風早へ想いを告げるため爽子に協力を頼む。

それぞれの想いの交錯する中、爽子は自分の本当の気持ちを風早に届けることが出来るのだろうか?

TOHO CINEMAS引用

 

君の名はの公式サイトはこちら
http://www.kiminona.com/

映画『君の名は』のキャスト

出演キャスト

多部未華子(黒沼爽子)

三浦春馬(風早翔太)

夏菜(矢野あやね)

蓮佛美沙子(吉田千鶴)

青山ハル(現・佐々木大介)(真田龍)

桐谷美玲(胡桃沢梅)

ARATA(現・井浦新)(荒井一市)

映画『君の名は』の感想

 

メイン出演者の他の作品紹介

多部未華子

あやしい彼女(2016年4月1日)
大鳥節子 役

続・深夜食堂(2016年11月5日)
栗山みちる 役

日日是好日(2018年10月13日)
美智子 役

トラさん〜僕が猫になったワケ〜(2019年2月15日)
高畑奈津子 役

多十郎殉愛記(2019年4月12日)
おとよ 役

アイネクライネナハトムジーク(2019年9月20日)
本間紗季 役

三浦春馬

進撃の巨人(前篇2015年8月1日公開・後篇9月19日公開)
主演 エレン 役

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年8月17日公開)
伊東鴨太郎 役

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年8月31日公開)
藤井渉 役

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年12月28日公開)
田中久 役

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(2019年5月17日公開)
ジェシー 役

アイネクライネナハトムジーク(2019年9月20日公開)
主演 佐藤 役

コンフィデンスマンJP -プリンセス編(2020年7月23日公開)
ジェシー 役

映画『君に届け』の感想

映画『君に届け』への感想を直接見た方にアンケートをとってみましたのでご紹介します。

原作漫画が好きだったのでどのように再現されるのか不安でしたが、多部未華子さんと三浦春馬さんがイメージ通りの爽子と風早くんを演じてくれました。特に三浦春馬さんは風早くんのイメージにぴったりで、爽子に見せるあの最高の笑顔が忘れられません。段々明るくなっていく爽子を見ているのがとても楽しかったです。こんな素敵な仲間たちと好きな人と送れる高校生活は素晴らしいんだろうなと羨ましく思いました。flumpoolの主題歌も最高でした。

爽やかで原作から飛び出してきたような風早くんが大好きです。若き三浦春馬が演じています。見た人は間違いなく恋してしまいますね。また、可愛らしい爽子ちゃんも、頑張り屋さんで応援の気持ちでいっぱいになります。多部未華子ちゃんが演じています。好きなシーンはやはりラストの夏祭りのシーンでしょうか。すれ違っていた2人がやっと思いを通わせあうハッピーエンドです。キュンキュンときめきたいとき、この作品をまっさきにおすすめします

1番の魅力は、キャストの配置が作品の雰囲気にあっている点です。特に、主人公の風早を演じる三浦春馬さんの爽やかさ、演技が漫画からそのまま飛び出してきたと言っても差し支えないほど素晴らしいです。ヒロインの爽子を演じる多部未華子さんは賛否両論分かれるものの、原作と少し雰囲気が異なるとは言え、作品全体の雰囲気を良い方向に少し変えるスパイスのような役割をしっかり果たせていたと感じました。また、作品全体の雰囲気を変えるといっても大筋は原作通りの青春恋愛もののであり、甘酸っぱさ、初々しさというものがこれでもかと映像を通して感じとることができ、心に響く映画です。

この作品はとにかくキャストがこれでもか!とばかりにこれ以上ない!と言うくらいイメージ通りな映画でした。爽やかなイメージの風早くんを三浦春馬さんに演じて欲しいと思った方は多いのではないかと思います。同時に多部未華子さんの爽子役にもグゥの音も出ないほど納得させられました。原作通りとはいきませんが、キャストは申し分なくメインキャストの方たちの演技も申し分なくなんの苦もなくみられました。2人の初々しい感じがとても微笑ましい大好きな作品です。

主人公の爽子が最初は誤解されながらも少しずつ周りに馴染んでいって友情が育っていく様子が成長を見守っているような気分になり嬉しくなります。また、風早くんとのシーンは見ていてキュンキュンして、爽子が鈍感なところがもどかしかったりしながらも少しずつ距離が縮まっていく感じがたまらなく良いです。友情と恋愛がもどかしくも爽やかに学校生活の青春と共に描かれていて、見ると学生に戻りたくなるような作品だと思います。

まだまだ恋愛が何なのか分かっていない爽子と龍が話をしている姿を見かけた風早くんが、嫉妬して走って行き、彼女の手をグッと掴んで連れ出すところが好きです。普段冷静で人当たりのいい風早くんと思えない行動で、目だけでムッとした表情が読み取れました。彼女への感情をはっきり自覚した場面で、きゅんきゅんしました。その後の彼の質問に対しての爽子の返答に、一喜一憂する姿もまた良かった。三浦春馬さんの自然体な演技が素晴らしいなと思いました。

漫画の絵柄と出演者のイメージがすごくあっていると思う。多部未華子さんのか弱く可愛らしいイメージ、三浦春馬さんの爽やかなイメージ、桐谷美玲の小悪魔なイメージがぴったりだと思いました。好きなシーンは風早くんが爽子についた桜の花びらを撮ってあげるシーンです。青春だなという感じで学生時代を思い出させます。時々出る爽子や風早の天然なところが学生らしく、とても爽やかで好きです。甘酸っぱい王道青春恋愛ストーリーが好きな人には是非見て欲しいです。

学生時代にみんなで漫画の回し読みをしてみんなが知っていた作品だったのですが、爽子役の多部さんといい風早くん役の三浦さんといいすごくぴったりな配役だったなと思いました。オープニングなのですが爽子が学校に行くときに桜を見ていてそこに自転車に乗った風早くんがきて、いることには気づいていなかったけど爽やかに桜を見ている姿がとても印象的でかっこよくてかっこいい人は桜を眺めているだけで絵になるんだなと思いました。

体育館で真田と爽子が会話をしているところに、風早がやってきて無言で爽子の手を引いて体育館から出ていってしまうシーンが好きです。体育館から出ていった後に、風早が「ごめん。見てらんなかった。」と言ってヤキモチを妬いてたところが可愛いです。また、所々で、風早が爽子を見つめているシーンがありますが、その時の優しい表情や最後に爽子が風早に想いを伝えた場面で「夢みたいだ。」と嬉しそうな表情をする風早が素敵です。見ていてキュンキュンしまくってしまいます!

 

漫画の原作を見てから、の映画を観ました。三浦春馬さんの風早くんも多部未華子さんの爽子もはまり役だったと思います。印象に残っているのは、最後の告白のシーンです。一度は断ってしまった爽子ですが、本当の気持ちを伝えないのはダメ!と友だちに教えてもらい告白へ…。でも大晦日であり誕生日でもありお父さんのコンサートの日に出掛けたいというのをなかなか言い出せずにいるところや、言いたいことがうまくまとまらないところ、そして風早くんの「ゆっくりでいいよ」の優しさにキュンキュンしました。最近潤い不足なので…潤いましたー!!

漫画から大好きで、これは映画化もキャストが大成功した作品だと思います。主人公爽子の控え目ながらも芯のある強さ、そしてそれに惹かれていく風早くんが何とも清々しく描かれています。そして恋愛だけでなく、ちづやあやねとの友情関係も印象的です。損得勘定や建前で友達付き合いをするのではなく、気持ちを通じ合わせて友達になっていく過程がすごく胸に残っています。爽子が噂話でちづやあやねを傷つける子たちに立ち向かうシーンはひたむきさと勇気が感じられてすごく好きです。漫画を見たことない方でも楽しんでもらえる作品です。風早くん役の三浦春馬さんも笑顔が爽やかで眩しいです。映画の中で生き続けてくれていると信じています。

主人公の爽子が、その見た目から周りから”貞子”と呼ばれ続けても不登校になることなく学校に通い続け、みんながみてないところでも、人が嫌がるような仕事を文句も言わず黙々と頑張っている姿にとても心打たれましたし、人として本当に素敵だなと思いました。また、三浦春馬さん演じる風早くんが爽やかすぎて、原作からそのまま飛び出てきたかのようなリアルさでした。爽子が、風早君だけでなくチズやアヤネとの友情を通して表情が柔らかくなっていくのをみれることがとても嬉しかったです。

今作ではとにかく主人公の1人である三浦春馬さん演じる風早くんの爽やかさと優しさがかなり魅力的でした。そして多部未華子さん演じる爽子との掛け合いが非常に青春映画や恋愛映画の王道をいっていて良かったです。あまりの良さにDVDを購入しました。個人的に好きなシーンは爽子とあやねと千鶴が友情を確かめ合うシーンが良かったですし爽子が一生懸命肝試しの幽霊役に徹する所も健気だなと思いました。映画版の主題歌であるフランプールさんの「君に届け」もとても好きな曲の1つです。

好きです。漫画も映画も。黒部爽子が多部未華子で凄く良いです。早川翔太(三浦春馬)が爽子が他の男子と仲良くしゃべっているのを見て焼きもちやいてひっぱっていくシーンがきゅんとしました。あんな風にされたいなとか思ってしまいました。自然な漢字の演技でいじめてる行くの子達も難解迫力がありますね。苛められていたけど徐々にいじめもなくなりみんなと仲良くなっていく爽子。翔太との二人の恋は上手く行くのか見所いっぱいの青春ラブストーリですね。キャストが素晴らしいです。

見た目も髪が長くて暗そうな感じで貞子と呼ばれていた爽子が、高校に入ってから風早くんに出会って爽子も純粋で色んな噂のことをほとんど信じ込んでしまっていたし、風早くんも他のみんなとは違う、噂には流されない強い心を持っていてそんな2人だったからこそ所々で想いがすれ違ってしまったこともあったけど最終的に気持ちが届いてタイトルにふさわしい映画でした。ドラマの世界っぽい感じではありますがキュンキュンとした青春を楽しませてもらいました。

君に届けは多部未華子さんと三浦春馬さん主演のドラマで2人の優しい雰囲気が全開の映画で、爽子が貞子と言われて辛い思いをしている時にあんな優しい感じて声をかけてくれるイケメンの翔太の存在は本当に運命を感じさせられるもので印象的。そんな爽子にも友達ができてだんだん自分のことを話せるようになっていて、頑張れって思わせられる部分がたくさんあってハラハラドキドキしてしまう。特に友達にやっとなれたのに友達のために思わせられ友達じゃないと言った時の爽子と友達の悲しい雰囲気がなんとも切なかった。

なんと言っても、さわことかぜはやくんが学校近くの桜の下で出会うシーンがとても印象的です。映像に映る全てが美しくて青春の甘酸っぱさを感じられて大好きです。あと、さわこが豪語するかぜはやくんの爽やかな笑顔が本当に好きです。さわこに自分の想いが上手く伝わらなくてその度にやきもきしている姿もかっこよくて良いけれど、やっぱり笑っている彼が1番輝いていました。友情、恋愛どちらを取っても満足出来る作品だと思います。私は何回観てもつい泣いてしまいます。

風早君の告白シーンがキュンキュンしてしまいます。クリスマスは黒沼と一緒に過ごしたいと言っていたのがストレートに言ってしまうのがかっこいいです。爽子の告白にゆっくりでと言っていてずっとずっと好きだよと言っていたのが、純粋すぎて素敵な恋愛が出来てほっとしました。2人を見ているとギスギスしている世の中がバカバカしくなってきます。みんなが爽子を貞子と言っているのに風早君だけは爽子のことをちゃんと見てくれていて一人の人に愛されていたらそれでもいいのだろうと思いました。

まさに純愛!青春!最初の多部未華子が桜を見上げるシーンの純粋で透明感ある表情がたまらない。若い頃の多部未華子は野暮ったい感じがあったのに、こんなにかわいかったっけ!?と思わせるシーン。友達が増えていくごとにだんだんあか抜けていく感じが、本物の多部未華子と重なる。三浦春馬のピュアで透明感のある雰囲気が、映画の雰囲気にマッチしていてよかった。三浦春馬が多部未華子を見る表情がどのシーンも印象に残っているくらい、表情のお芝居が良かった。あの優しい笑顔が忘れられない。

映画の最初で、父が爽子に会うために全力で走る大晦日からストーリーが始まり、最後のほうの爽子へ“本当に会いたいときは何もかも投げ出して走っていく”がこのストーリーで一番心に残っています。見た目は爽やかな風早君の中にある爽子への情熱が度々見え、それがわざとらしくは一切なく自然と見れました。私の最も好きなシーンは二人が出会った桜の木の下で互いの思いを伝え、笑いあうラストシーンです。何とも言えない爽やかな青春のストーリーでした。

まず、今は亡き、三浦春馬さん演じる風早くんが一番注目してほしいところです。爽やかを体現したような好少年、風早くんが貞子と呼ばれた内気な女の子:黒沼爽子の優しい性格に惹かれて恋に落ちるところがとても素敵だなと感じます。爽子も、風早やクラスで初めてできた同性の2人に友達との関わりを通して、今まで経験してこなかったことに触れるようになって、戸惑いながらも殻を破って前に進んでいく姿が私に前に進む勇気をくれました。不器用な彼女と優しい風早くん二人とも優しすぎるくらいに優しいので、見ている間はずっと”幸せになってほしい!””早く想いが届いて欲しい!”といった二人を応援する気持ちでいっぱいでした。甘酸っぱい恋模様、本当の友達を知ることができる素敵な作品だと思います。

爽子と風早君やほかのキャストも原作のイメージそのままですごくクオリティが高かったと思います。好きなシーンは風早君が爽子に告白してプラネタリウムのチケットを渡すけど動揺してしまった爽子が告白を断ってしまってそのままバスに乗り込んでしまったシーンが切なくてすごく好きです。千鶴とあやねが二人で爽子のことを話すシーンが友情を感じられてすごく好きです。風早君が龍と話してる爽子を連れ去ったシーンがすごく爽やかでかっこよかったです。

もともと漫画で読んだ事があったので映画で見るとイメージが違ったと感じたら嫌だなと思っていましたが、そんなことは無く漫画のキャラクターと俳優達がまさにピッタリ役にはまっていました。爽子は自分に自信が無くクラスに馴染めない女の子でしたが、風早と出会いそんな自分を変える為に努力する姿に心を打たれました。好きなシーンは爽子が一生懸命になって風早に自分の想いを伝える所が好きです。風早もそんな爽子をとても愛おしそうに想っている姿にこちらまで幸せな気持ちに満たされまし。三浦春馬さん自体がとても爽やかなのでまさに風早そのものに見えました。

 

桜が舞うシーンで多部未華子さんが桜を見て微笑んでいる、それを見た三浦春馬さんが多部未華子さんに恋をするシーンが大好きで、思い出に残っています。この映画の魅力は、多部未華子さんの貞子と言われているくらいの暗い演技です。言葉遣いもおどおどしていて、また、サワ子ちゃんのあか抜けていく感じも素敵で感情輸入しちゃいます。風早君の三浦春馬君も「爽やか」過ぎて王子というばかりです。フランプールさんの曲もマッチしていて、何度もこの映画は観ちゃいました。

べたな青春映画ですが、クラスからはぶられていた女子がヤンキーの友達ができ、王子様キャラの男子から告白されるという、見ている私が恥ずかしくなりますが、主演のサワコがすごくかわいいので胸がキュンキュンしました。コミックが原作だったので(原作を見ていました)映画を楽しみにしていました。女子同士の友情も感動的で見どころです。 ネガティブすぎるサワコにイラつきますが頑張っている姿は応援したくなります。王子様キャラの三浦春馬はさわやかさがよく出ていてステキでした。

私は元々原作の漫画が好きなので観に行きました。三浦春馬が少女漫画から飛び出してきたのかなと思うくらい漫画のキャラクターと合っていてびっくりしました。照れる時に手を顔で隠すようにする仕草が漫画の『風早くん』そのままでとても嬉しかったです。他のキャストの方もイメージ通りすぎて少女漫画の実写化の中で一番好きな映画です。体育祭で風早くんが爽子の手を引いて走るシーンにとてもキュンキュンしました。とてもピュアで優しい雰囲気の映画なので親子でも楽しめると思います。

三浦春馬の風早くん、多部未華子の爽子はすごく合ってました!原作ファンとしてもイメージはぴったり!クラスの人気者の風早が、地味で目立たない爽子と仲良くなって、恋人になるなんて漫画ならではだなと思う部分もあるけど、仲良くなっていく過程のドキドキがたまらないです。爽子も、風早くんに引っ張られるだけではなく、ちゃんと友達も作って、自分のことも信じられるようになる、成長する過程が素敵だなと思いました。こういう青春を送ってみたかったなー

[quads id=1]

視聴まとめ

映画『君の名は』をフル動画を無料で視聴する方法についてまとめてみました。

『hule』でも『U-NEXT』でもトライアル期間内なら無料で視聴できます。

もう一度確認すると無料期間は『hule』は2週間です。

継続すると1ヶ月1,026円(税込)

価格だけで考えるなら、こちらの方が半額程度になります。

『U-NEXT』は31日間。

継続すると1ヶ月1,990円(税抜)

動画量や本なども見れることを考えると非常に有効に使えそうです。

ご自信の使い方で検討してみて下さいね。