映画

【ジュラシックワールド/炎の王国】見逃し視聴動画の無料配信はある?フル視聴で日本語吹き替え/字幕と再放送について

恐竜映画の雄と言えば、ジェラシックパーク、ジェラシックワールドシリーズですね。

2020年7月24日に、金曜ロードショーで映画「ジュラシックワールド/炎の王国」が地上波で初放送されます。

この記事では、

用事があって見れなかった!

見るの忘れてた!

など、見逃してしまった方が、自分のタイミングで見たいって方に

映画「ジュラシックワールド/炎の王国」の動画を無料フル配信ができる方法などについて、まとめていきます。

もぉ、ぐ視聴をされたいって方がみえたら、動画配信サービスのU-NEXTを紹介させていただきます。

このU-NEXTでは、無料体験期間があり、31日間動画が見放題になるので、「ジュラシックワールド/炎の王国」を視聴してみて下さい。

31日間の無料期間中に解約したら、解約金などはまったくかかりませんし、解約も簡単で時間もかかりません。

ここから申込を
↓↓↓↓↓↓↓

当サイトで比較しているVODサービスは

当サイトでは、下記の動画配信サービスから比較しております。

VOD 月額料金 動画数 お試し期間
hulu 2,189円 18万本以上 31日間
U-NEXT 1,026円 6万本以上 14日間
dTV 550円 12万本以上 31日間
FOD 976円 4万本以上 2週間
amazonプライム  500円 非公開 2週間
Paravi 1,017円 非公開
NETFLIX 880円~ 非公開 30日間
dアニメストア 440円 3,800作品以上 31日間

上記以外のサイトでも配信されている場合もありますのでご了承下さい。

ジュラシックワールド/炎の王国の見逃し配信動画を見る方法

「ジュラシックワールド/炎の王国」を見逃してしまった!

って方も多くいると思います。

まず、「ジュラシックワールド/炎の王国」の再放送なので、現在の予定はありません。

いずれは、再放送はあるかもしれませんが、多くのタイミングが続編が発表されたタイミングなど1年先、2年先ってなってしまうことも多いと思います。

もし、情報が入ったらこのサイトで紹介をしたいと思います。

そんなに待てないって方は!

見逃し配信「TVer(ティーバー)」などなら、1週間以内なら視聴することが出来るのですが、残念ながら金曜ロードショーは配信されないんです。

そんな中で、「ジュラシックワールド/炎の王国」の動画が無料で見る方法があったので紹介しますね。

「ジュラシックワールド/炎の王国」の動画が配信されているサービスは

「ジュラシックワールド/炎の王国」は、複数の動画配信サイトで視聴することが可能です。

2020年7月現在ですが下記の動画配信サービスで視聴できます

U-NEXT(ポイント動画)
dTV(ポイント動画)
amazonプライム(ポイント動画)

オススメはU-NEXT

U-NEXTをおすすめする理由ですが、現在31日間の無料体験期間が実施されています。

先ほども、記載しましたが、本来なら月額2,189円かかるのが、この期間中は無料で動画が見放題になります。

ただし、「ジュラシックワールド/炎の王国」は見放題の動画ではなく、有料コンテンツで、330円の課金が必要です。

でも大丈夫。

無料期間であっても、U-NEXTの中で、動画や書籍、マンガなどを購入できるU-NEXTポイントが600ポイントもらえて、それを有料コンテンツに当てることができます。

ということは、実質無料ですよね。

無料期間中に大会したら、月額利用料は発生しませんので、無料で視聴することができます。

加入したら楽しすぎて解約できないかもしれませんが、一度利用してみて下さいね。
あと、日本語吹き替え、字幕ともに対応しています。

※配信期限は2020年9月9日まで

U-NEXTに関する詳しい内容はこちら

 

U-NEXTって使いにくいの?評判や口コミとメリット/デメリットからおすすめする理由まとめ【2020】動画配信サービスで一番作品数が多いのってダントツでu-nextなんです。 でも 「U-NEXTって月額高いけど他のサービ...

 

超低価格のdTVはスマホで見るには最適

dTVは、docomoが運営するVODサービスで、月額500円の低価格ながら、動画数は非常に充実しています。

31日間無料お試しをしているので、こちらのVODでも良いのですが、新作や人気作は有料コンテンツとなっているのでお金がかかってきます。

標準なら330円、HD(高画質)なら440円かかるので、視聴すると月額近くなりますね。

無料のものを見るならオススメです。

あと、日本語吹き替え、字幕ともに対応しています。

※配信期限は2020年8月4日まで


amazonプライム

amazonプライムも、月額500円の低価格で動画が楽しめますが、dTVと比較すると動画数は少なめですね。

amazonプライムは、無料期間が2週間と上記のサービスと比較すると短めなのと、dTVと同様に有料コンテンツで画像はHD(高画質)299円かかります。

dTVと比較すると少しだけコスパは良いですね。
あと、日本語吹き替え、字幕ともに対応しています。

ただ、amazonで買い物したりして送料無料など、いろんなメリットもあるので、トータル的に考えて検討されても良いと思います。

amazonプライムビデオ

炎の王国あらすじ

現代に蘇った恐竜を展示するテーマパーク「ジュラシック・ワールド」で、遺伝子操作で生み出された恐竜、インドミナス・レックスが暴走した惨劇から3年。

テーマパークがあった島では、自由に恐竜たちが暮らしていた。そんな中、島の火山活動が活発化。

恐竜の保護が叫ばれる中、何者かが島からインドミナス・レックスの骨を盗み出していった。

テーマパークの元責任者で、恐竜保護団体を設立したクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、「ジュラシック・パーク」の生みの親のビジネスパートナーだったベンジャミン(ジェームズ・クロムウェル)に協力を仰ぐことに。

ベンジャミンの下で働くイーライ(レイフ・スポール)は、恐竜を安全な島に移送すると約束。

高い知能を持つヴェロキラプトルのブルーの保護を条件に出されたクレアは、ブルーを調教していた元恋人のオーウェン(クリス・プラット)と共に島に向かったが、イーライが手配した傭兵に裏切られてしまう。

イーライの目的は、恐竜を兵器として各国に売りさばくこと。高い攻撃力を持つインドミナス・レックスを、人間に従順な“兵器”に作り変えるためには、ブルーのDNAが必要だったのだ。

襲いかかる恐竜たちと、降り注ぐ溶岩からなんとか逃げ出したクレアとオーウェンだったが、イーライに捕らえられてしまう。

一方、孫娘のメイジー(イザベラ・サーモン)からイーライの企みを知らされたベンジャミンは、彼を止めようとするが…!

金曜ロードショーシネマクラブ引用

 

炎の王国キャスト

オーウェン・グレイディ 役
クリス・プラット

クレア・ディアリング 役
ブライス・ダラス・ハワード

ジア・ロドリゲス 役
ダニエラ・ピネダ

イアン・マルコム 役
ジェフ・ゴールドブラム

ヘンリー・ウー博士 役
B・D・ウォン

ベンジャミン・ロックウッド 役
ジェームズ・クロムウェル

ケン・ウィートリー 役
テッド・レヴィン

メイジー・ロックウッド 役
イザベラ・サーモン

アイリス 役
ジェラルディン・チャップリン

フランクリン・ウェブ 役
ジャスティス・スミス

映画『ジュラシックワールド/炎の王国』
関連作品(シリーズ)

『ジュラシック・パーク』

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク2』

『ジュラシック・パーク3』

『ジュラシック・ワールド』

映画『ジュラシックワールド/炎の王国』を見た人の感想

40代男性
恐竜が現代によみがえった感動からの続編です。人類は恐竜を兵器として使おうとしています。恐竜の動きがとてもリアルで、鳴き声も、本当にこんな声で鳴いていたと思わせるほどクオリティが高いです。あっという間にクローンの狂暴な恐竜を作れてしまうところが、フィクションであり、少し冷めてしまいますが、全体的には、肉食恐竜の恐ろしさを存分に感じられる出来映えだと思いました。最後はやっぱり正義が勝ってホッとしました。

20代 女性
ジュラシックワールド/炎の王国の魅力と言ったら、ラプトルです。恐竜といったら、恐竜の王、ティラノサウルスが思いつくと思いますが、ジュラシックワールドではラプトルが素晴らしい能力と素早い身体能力で最後の究極なシーンで大活躍します。見た目からしてスマートでかっこよく、頭もよく、イケメンです。ジュラシックワールド/炎の王国では、どの恐竜もリアリティ性が高く、そして何よりも人間が再び絶滅機種の恐竜を作り生み出したという点が何よりも魅力的ではありますが、自然の流れを崩してしまうと全ての破壊にも繋がってしまうという恐ろしい場面もたくさんあります。人間と恐竜は共存はできないから、自然の大リズムが恐竜時代を終わらせ、人間という生命が誕生したのだと思います。この映画をみて大自然、大宇宙のリズムについて考えることができ、そして楽しむこともでき、とても素敵な時間を過ごせたと思いますが思います。

60代 男性
主人公とヒロインの素敵な関わり方に、心が奪われました。そして、いざとなったら助けてくれる恐竜のブルーは、マスコット的なほど可愛いので、惚れ惚れして観てました。この映画は結局ずる賢い金の亡者たちが恐竜を利用して、金儲けしようとしている人間と、恐竜を愛する人たちとの戦いなんです。あと、クローンの少女が重要な役割を果たすので、最後まで目が離せません。いずれにしても動き回る恐竜のリアルさ、迫力には鳥肌が立ちました。

50代 男性
主人公のひとりオーウェンが赤ちゃんの頃から育てたブラキオサウルスのブルーと遺伝子操作などにより人工的に作り出されて武器化してしまったインドミナスとの戦いが一番心に残っています。25年も前に離れ離れになったご主人様のことをしっかり覚えており、インドミナスに襲われて命の危険にさらされたときに自信の危険も顧みず、自身よりも大きく、強いであろう相手に果敢に挑んでいく姿には感動すら覚えました。人間よりもはるかに人間ぽいなあと感じました。

20代 男性
ジュラシックワールドの続編である炎の王国で特に好きなシーンは火山の大噴火によって鳴き声ともとれる、逃げられないアパトサウルスのシーンです。現代に復活した恐竜でも火山での噴火による恐ろしさ、過去にタイムスリップしたらこの様な光景なんだろうと心情と共に思います。魅力的なシーンは前作でも登場したブルーとの再会です。友情はどの生物においても存在するのだと思える魅力的なワンシーンです。好きな演技は殺されそうになり隠れ逃げるめいじーのシーンです。臨場感あふれて、視聴してる側も緊張する演技です。

30代 女性
ジュラシックワールド1作目でもたくさんの種類の恐竜がでてきたが、この二作目でもとにかくたくさんの恐竜がでてきて見ていてワクワクしました。CMや予告を見てるだけでは二作目がこんな内容だとは全く予想できませんでした。配合され兵器として使用されようとしてた新たな凶暴な恐竜の出現や、これからの時代に悩むことも出てきそうなクローンについての考えかた、人間の無力で愚かなところスマートに表現されていると思います。この監督との笑いのツボが合うのか、笑わせるのが上手なのかは分かりませんが、楽しく笑える作品です。スリルもあり、泣きそうにもなりました。三作目が早く見たいです

20代 女性
3Dで見ましたが、何倍もの迫力で終始楽しめました。これまでは島の中でのお話でしたが、今作は少し違いました。人間の活躍も多かったり街で恐竜が暴れたりと、パニックシーンが多く、最初から最後までハイテンションな映画でした。火山のシーンは見ているだけで体が熱くなってきます。ストーリーも分かりやすいので、子どもから大人まで楽しめる作品でしょう。ハラハラ、ドキドキで良かったです。ジュラシックワールドはどんどん面白くなっていますね。

30代 女性
何より恐竜がとても魅力的です。今回、新しく登場する恐竜がカッコよくて恐竜好きとしてはテンションが上がりました。今作は少しストーリーが暗めではありますが、メッセージ性が強くて考えさせられる内容でした。恐竜が火山に消えていくシーンでは切なくなって胸が締め付けられてしまいますが、最後は次回作へ続く期待も残した終わり方だったので良かったと思います。明るい気持ちで見れる内容ではありませんでしたが、恐竜映画としては面白かったです。

30代 女性
前作のジュラシックワールド(パーク)が再度今作においても登場しますが、火山噴火によって島が崩壊していく中逃げ回る恐竜たちのシーンは、とても悲しくそして儚くて命が終わりゆく様はとても印象に残っているシーンです。また、前作に1頭だけ生き残ったラプトルのブルーが今作においても主人公オーウェンをを助ける為に奔走するシーンはハラハラドキドキし、目が離せなくなるほど手に汗握る迫力満点のシーンでとても大好きです。

30代女性
ジュラシックパークからの大ファンで、炎の王国も前作同様にとても面白かったです。恐竜が最初の段階で非常に多く死んでしまうところはとても悲しかったけれども、恐竜を競売にかけて金儲けしか考えていない奴らが恐竜に食べられたり命を落とすところは、ざまぁみろ、という気持ちです。金儲けしか考えていないオーナーの娘が実は祖父が娘のクローンとして生み出した孫であることが分かるシーンと、最初に島に取り残された恐竜が炎の中で息絶えていく姿はとても切なくて涙がでました。

30代 男性
前作の続編となる本映画ですが、主人公オーエン(人間)とブルー(ラプトル)との絆が魅力です。ブルーはオーエンと別れてから3年経過しても覚えており、映画の終盤、他の恐竜に追い詰められたオーエンを指示等なくても助けている所に固い絆を感じました。また、本映画は基本的に科学の進化と人間の進化について描かれています。遺伝子操作によるクローン制作、人間にとって都合の良い恐竜の制作など、現在の科学でも可能になりそうな現実を描いており、ある種の警告メッセージが本映画に込められています。本映画を見ることで人間の愚かさを感じました。

30代 女性
前作から引き続きキャスティングされているクレアはジュラシック・ワールド創設に大きくかかわっていますし、オーウェンはヴェロキラプトルの世話役をしていたので、今作でも起用されている。録画された赤ちゃんのときのヴェロキラプトルブルーとオーウェンのやりとりがすごく可愛いです。前作ジュラシック・ワールドで人間が訪れるアトラクションパークから一変して、恐竜たちがのびのびと過ごす島にかわりはてたが、今作ではその島にある火山が爆発するから、そこにいる恐竜を純粋に助けたいとおもうクレアやオーウェンとお金のために動こうとする悪い人たちの戦いの話です。お金めあてに新たにつくりだされたラプトルの頭脳をもつ恐竜も開発をすすめていく組織もあり、恐竜たちがどうなってしまうのかというハラハラもあり、いつもの恐竜に人間が襲われるという恐怖だけでなく、今作は恐竜にたいする思いがつまった作品です。

40代 女性
ジュラシックパークから見ていたら、毎回、新しい作品ができるごとに、前作を思い出すようなシーンが必ずでてくるので、それも思い出しながら見れるのが楽しいです。今回は、更に、スティーブンスピルバーグの映画作品や海外ドラマを色々見ていたら、思い出すようなシーンが出てきて、その伏線が面白かったと思います。悪役で、出ていたトミーリージョーンズなども、イギリスのドラマのシャーロックで、強烈な悪役を演じていたところを後から思いだし、印象深かったです。オープニングシーンと、エンディングシーンの恐竜のシルエットがいつもアドベンチャー感あるので、USJに行きたくなります。

40代 女性
ジュラシックシリーズの中で、炎の王国が一番好きです。恐竜を生きた状態で捕獲し、オークションで販売する。こんなことあっていいんでしょうか!などと、あまりの人間の強欲に憤りを感じました。恐竜は現代の生き物ではなく人間との共存はしてないのですからそもそも人間の奢りによるものだという考えが根底にある作品だとおもいます。忘れられないシーンは火山爆発した島に置き去りにされた恐竜が火山灰と溶岩にのまれるシーンで火山灰でシルエットしか見えないんですが、鳴き声がたまらなくせつなく、やはり人間の奢りを感じました。主人公が恐竜のブルーと心通わせているところがほっこりしました。

20代 女性
とても面白いです。前作のジュラシックワールドを見てからだったので、繋がりもよく理解できました。1作目のジュラシックパークに出演していた博士など出てきたり、恐竜だけでなく人間のクローンも出てきたりしていて、見所満載です。火山が噴火して、人間や生き残った恐竜たちが島から脱出するときに、草食恐竜が脱出していく船を見送るシーンは少し悲しくなりました。昨今の環境問題も相まって、勝手に恐竜を蘇らせ、危険だと恐怖を感じ、火山噴火だと可哀想だと行って守ろうとする、人間はなぜこうも勝手なんだろうとも思いました。

30代 女性
CGの合成が自然で、登場する恐竜たちの動きがコミカルで面白かったです。恐竜たちの種類と名前も映画の中で自然と紹介されていきますので、勉強にもなります。人間の社会での金儲けに恐竜がからんで絶滅に追い込まれたり、人間の利権が重視されて瀕死の恐竜が出てくるところは、恐竜以外の現在の絶滅危惧種に対する状況とも重なるのかなと思い、見ていて考えさせられました。ストーリーは比較的単純なのでわかりやすいです。私は恐竜の映像が好きなので、見ていて楽しいと思いました。

40代男性
映画【ジュラシックワールド/炎の王国】の好きなシーンは、火山が噴火して熔岩から逃げ惑うシーンです。恐竜たちもみんな必死になって熔岩から逃げている様子が見ていて面白かったです。人間と恐竜が必死になって逃げていて、人間は恐竜からも襲われる立場の為熔岩と恐竜にも注意しなければならないけど、という状況が最悪でそれがこれからどうなるのかと思うと、面白かったです。船が出ていったあとの熔岩に襲われる大型恐竜が可愛そうでした。

30代 女性
ジェラシックパークから続く映画で、とてもスリルがあり恐竜を題材にしている映画の中で一番魅力的なシリーズです。その中でもジェラシックワールド炎の王国は一番新しいこともあってか、恐竜がとてもリアルで映画のスタッフによって作られたものだとは思えないくらいよく出来ていると思います。私にとって魅力的なシーンは恐竜が人間に向かって威嚇し唸り吠えてくるシーンです。また、主人公の口笛に反応する恐竜はとても可愛くて、私はとても好きです。

40代 女性
なんと言っても前作から変わらないオーウェンの格好良さに、今回も惚れ惚れしました。要所要所に出てくるオーウェンとブルーの絆が最高です。離れていてもブルーが覚えてくれていたこと、また傭兵に撃たれ人間不信になってしまったかと思っていたら、後半オーウェンの危機に助けに来てくれる、最後の最後はまたオーウェンと心を通わせ、それでも自ら離れていく。そんな最後の別れは切なくなりました。芯から強くて、優しくて、一緒にいたらどんな時も守ってくれそうなオーウェンに終始見惚れる映画でした。

30代 女性
イントロの隊員たちが戻ってこなくて待たされる人たちが暴風雨の中で様子が第一作を彷彿させた。T-REXに梯子を噛まれて難儀するシーンはハラハラ感があった。直後のモササウルスのタイミングが良かった。火山の噴火で島が壊滅状態になり港で首長竜が煙に巻かれるシーンが悲しかった。ハンターのおっさんが恐竜の歯を集めているシーンがエゴだと思った。財団の管理を任されている男性が結局金のことしか考えていないのがアメリカ人らしいと思った。

20代 女性
相変わらずヒヤヒヤ・ドキドキが止まらないシーンが多いです。特にインドラプトルが中心になるシーンからはジュラシックワールドらしいです。そして、前回から引き続いてラプトルVSインドラプトルがとても魅力的で、面白いところです。今回のインドラプトルは本当に賢くて、人をだますこともできるのが特徴で、執念深いところもあります。それがとてもひやひや倍増させていて怖いです。インドラプトルが少女とオーウェンを追い詰める場面はさすがにもうだめかと思ったところで、救世主が現れるがとてもいいです。安心感と頑張れと応援したくなる大好きなシーンです。インドラプトルの最期の闘いは感動ものでした。そして、やはり欠かせないのはオーウェンとブルーの関係性。今回オーウェンがどれだけブルーのことを可愛がってきたかが分かります。だからこそ、オーウェンがブルーを撫でるのには特別な想いがあって感動しました。笑いと感動ありの傑作です。。

30代 男性
本作に登場する恐竜は恐らくはCGであろうが、もはや実物かと思わせるような技術の高さがある。主人公たちが恐竜に襲われるシーンは、食われることはないだろうとわかってはいても見ていてハラハラした。いろいろな恐竜が出てきたが、スティッギーと呼ばれていた石頭の恐竜(スティギモロク)が可愛らしかったので好きだ。一方、ストーリー面では難がある気かする。炎の王国とタイトルにあるのだが、火山島が舞台になるのは前半のみで拍子抜けしてしまう感は否めない。恐竜を野に放つラストも納得がいかない。恐竜が人間を襲えば害獣として駆除されてしまうだろう。どこかの島にひっそりと住まわせるというわけにはいかなかったのか。

30代 男性
マルコム博士が登場したシーンはグッと来ました。特に簡単な言い回しを敢えて難しい言い方にする感じが、専門家感を強くし、恐竜達との共存についての言葉に重さを与えているように感じ、彼の一言一言が胸に響きました。そして本作では今まで島に隔離されていた恐竜達がついに人類の領域に入ってきました。これから人類と恐竜の共存が始まるのか、それともどちらかが滅びるのか。先の読めない展開になってきました。3部作目がどのようになるのか今から楽しみです。

30代 男性
ジュラシックシリーズは全て観てきましたが、一番切なく考えさせられる作品となっているのではないでしょうか。前作の続編となっていますが、クローンで生み出された恐竜たちが人間の勝手な思想により振り回されます。映画の序盤に火山の噴火から逃げ惑うシーンがあるのですが、迫力がありとても見応えがあります。恐竜に追われるシーンはドキドキハラハラの連続で、もはやジュラシックシリーズの醍醐味とも言えます。恐竜の生存を懸けた大迫力エンターテイメントです。

20代 女性
この映画の魅力はなんといってもど迫力な恐竜たちです。現代に恐竜がいたら…日常風景にいたら…と考えると恐ろしいですが、そのシーンをリアルに再現しています。私がお気に入りのシーンは、石頭を持つスティギモロクが暴れまわるシーンです。会場をめちゃくちゃにするのですが、主人公と意気投合した時は、本当に可愛かったです。また、インドシナレックスとの闘いも目が離せません。ラプトルとの共闘も見ていてドキドキが止まりませんでした。恐竜好きにはもちろん、そうでない方も楽しめる映画だと思います。

40代 女性
最後の最後まで冷や冷やしますが、自宅にいても迫力がある映画です。人間のエゴで殺人兵器な恐竜が作り上げられ、金稼ぎのために利用されます。人間のエゴによって作り上げられた恐竜が、最後には殺されてしまいます。洋館で危機に迫られていてでも少女を助けるために一旦離れるシーン。もしかしたら二度と会えないかもしれないのにあなたを信用しているって意味の別れ際のキスシーンでは、感動して涙が止まりませんし1番好きなシーンです。

30代 男性
私が映画「ジュラシックワールド/炎の王国」魅力的に感じたシーンは、過去作のキャラが登場したシーンが魅力てきでした。舞台は前作の三年後になり残された恐竜達の生末が炎の王国では描かれています。前作に登場した「オーウェン」や「クレア」が登場しますが、特に目を引いたのは一作目の「ジュラシックパーク」に登場した「イアン・マルコム」や「ジョン・ハモンド」の登場が嬉しかったです。物語も住む場所が無くなった恐竜たちがどう人間達と共存するか見ている側にも訴えるラストが印象的で考えさせられました。

50代 女性
恐竜がリアルで、火山が爆発して脱出する時はカプセルの中の2人が助かるかドキドキしました。女の子が1人で恐竜に追いかけられるシーンもハラハラしました。お屋敷もアンティークな感じで豪華です。なかなか建物の中で恐竜に追いかけられる事は今までなかったので新鮮でした。ラストシーンで恐竜が街中に放たれてしまい人間が怯えながら生活している所がゾッとしました。その原因を作ったのは、元はといえば恐竜をオークションにかけて儲けようとした悪人が原因です。人の欲が招いたというストーリーが教訓のようでした。みんなが私欲に走ると世界が壊れてしまうというメッセージのよなものを感じました。

30代 男性
正直、思ったより面白くなかった。ストーリー性に欠けるというか、ありきたりすぎる展開で先が読めてしまった。ただ、映像には迫力があり恐竜が暴れまわるシーンや、恐竜同士が戦うシーンなんかは見ていても画面に釘付けになった。もっと恐竜が出てくるシーンが多かったり、恐竜がどんな生活をしていたかなど、恐竜に注目を集めたほうが面白みがあったんではないかと思った。ジュラシックワールドを見ようと思う理由は人それぞれだが、ストーリー重視というより、映像美であったり、迫力だと思う。

 

20代 女性
【ジュラシックワールド/炎の王国】の魅力は、壮大な世界観とCG映像の素晴らしさだと思います。これはジュラシックワールドシリーズのすべてに言えることですが、もし絶滅した恐竜が現実世界にいたらどうなるだろうとわくわくできます。そして本作では、凶暴な恐竜を作り出して兵器として売りさばこうとする人物が登場します。人間はこれまで持てなかった物を手にすると、より強いものを求める欲が出てしまうのだなとつくづく感じます。そしてその欲が強くなりすぎると人間界を破壊してしまうということもあり得るのです。この作品では、恐竜が人間界に放出されてしまうところで終わります。恐竜と人間が共存する世界の始まりです。この映画シリーズはもう何作品も公開されているにも関わらず、毎回恐竜の迫力・リアルさ・映像美が進化していて感動します。次回作では、恐竜と人間は共存できるのか、どんな映像美が見られるのかとても楽しみです。

 

視聴まとめ

映画『ジュラシックワールド/炎の王国』をフル動画を無料で視聴する方法についてまとめてみました。
『U-NEXT』ではトライアル期間内(31日間)なら、有料コンテンツもポイントで支払えるので実質無料で視聴できます。

『dTV』や『amazonプライムビデオ』も、無料お試し期間があって、月額500円とお値打ちですが、有料コンテンツがあるので、その分はお金がかかってしまいます。

U-NEXTは動画の数や漫画なども見れることを考えると凄くコスパが良いのと、毎月1,200ポイントもらえるので、実質で考えるとお得なんです。

31日以内なら無料で、継続すると1ヶ月1,990円(税抜)

ご自信の使い方で検討してみて下さいね。